このエントリーをはてなブックマークに追加

L―シスチンとL-システインの違いとは?

L―シスチンとL-システインの違いとは?

L-シスチンとL-システイン。名前も似ていますが、どちらにも体内に良い効果を与えてくれるアミノ酸の一種です。最近では、成分を含む化粧品やサプリメントなども多く販売され、日本でもよく耳にすることが増えてきました。

今回は、そのL-シスチンとL-システインの違いについて詳しくご紹介します。

二つ美白効果

L-シスチンは、L-システインが2分子結合したアミノ酸です。アミノ酸は、私たちの体をつくるのに大切なタンパク質となって体内に届けられます。

L-システインにとってもL-シスチンにとってもお互いに大切な役割を担っているというわけです。この二つが、わたしたち女性を美白に導いてくれる成分です。

L-システインとは?

L-システインとは、皮膚や髪、爪に含まれるたんぱく質の中のアミノ酸の一種です。L-システインがビタミンCと合成すると、シミの元となるメラニンを抑制し肌の代謝を促してくれます。

代謝が乱れるとシミやニキビとなり、肌トラブルの原因となります。なかなか日常の食生活からバランスよく摂取するのは難しい成分です。

L-シスチンとは?

L-シスチンとは、L-システインが2分子結合したアミノ酸で、髪や爪に含まれるケラチンというたんぱく質を構成しています。髪を燃やすと嫌な臭いがするのは、L-シスチンには硫黄が含まれている含硫アミノ酸のせいです。

L-シスチンは、アミノ酸の一種メチオニンからも合成され効果を発揮しますが、メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸なので、食事や補助食品などから摂取しなければならない成分です。

メチオニンは、体内でアレルギーを引き起こすヒスタミンの血中濃度も低下させてくれる効果や、血中のコレステロールの増加を抑えてくれる効果もあるので肝機能の衰えを防いでくれます。

L-シスチンは、体内でL-システインに分解され、いろいろな成分と合成することにより、それぞれの効果を発揮してくれるのです。

L-システインの様々な働き

L-システインはアミノ酸の中に属しています。L-シスチンは、体になくてはならないたんぱく質となって体内で活動しています。体内で活動する際にL-システインとなったアミノ酸は、タンパク質として消費されます。

L-シスチンからL-システインに、体内で2分化されていろいろな成分と結合します。

  • L-システイン+ビタミンC
  • 過剰にできたメラニンの生成を抑制し、肌に色素沈着した黒色メラニンを薄くします。

  • L-システイン+テアニン
  • 緑茶などの成分に含まれるテアニンを一緒に摂取することで、風邪やインフルエンザに掛かりにくくなります。

  • L-システイン+メチオニン

体内で、アレルギーを引き起こすヒスタミンの血中濃度も低下させてくれる効果や、血中のコレルテロールの増加を抑えてくれる効果もあるため、肝機能の衰えを防いでくれます。

安心して簡単に摂取できるエルシーノのサプリメント

L-シスチンは、非必須アミノ酸です。非必須アミノ酸は、体内で合成はできますが、様々な働きで消費されるため、すぐにエネルギー切れになってしまいます。安定して摂取しておきたいアミノ酸です。

濃密な美白化粧品エルシーノの美白サプリは、L-シスチンはもちろん、ビタミンCやKなどのミネラルやエラグ酸を含むザクロエキス、皮膚の代謝の活性化を促し加齢によるコラーゲンの減少を引きとめる働きを持つハス胚芽エキス末も配合。

バランスの良い配合で必要なものを補いましょう。是非、エルシーノの美白サプリメントをお試しください。(※摂取量は、必ず守り副作用にご注意ください。)

美白新理論に基づいた化粧品エルシーノ
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事