このエントリーをはてなブックマークに追加

美容にも注目されているL-シスチンの効果とは

美容にも注目されているL-シスチンの効果とは

シミ、ソバカスに効く成分L-シスチンをご存知でしょうか?L-シスチンは、美白効果や育毛効果があるとされているアミノ酸の一種です。

女性にとって、お肌も髪もいつまでも綺麗に若々しさを保ちたいですよね。そんな素晴らしい効果を持たせてくれるL-シスチンについてご紹介します。

L-シスチンってなに?

L-シスチンとは、L-システインが2分子結合したアミノ酸で、髪や爪に含まれるケラチンというたんぱく質を構成しています。髪を燃やすと嫌な臭いがするのは、L-シスチンには硫黄が含まれている含硫アミノ酸があるからです。

実はこのL-シスチンには、美白効果以外に2つの効果が見られます。その内容についてみていきましょう。

L-シスチンの効能 1.美白効果

L-シスチンは、シミのもととなるメラニンをつくる酵素チロシナーゼの活性化を抑制する効果があります。

シミ・ソバカスは過剰なメラニン色素が生成されることによって引き起こされるので、メラニン色素が作られなければ、シミ・ソバカスが肌に浮き出てきません。

L-シスチンは、メラニン色素が作られないように働きかけてくれる効果を持っています。また、L-シスチンはお肌のターンオーバーを促してくれるので、シミ・ソバカスを徐々に体外へ排出します。

L-シスチンの効能 2.育毛効果

髪は、ケラチンというたんぱく質が主成分でできていて、髪にとってケラチンは90%以上を占める大切な役割を持っています。

このケラチンには、髪や爪をつくる「硬ケラチン」と、皮膚をつくり硫黄の含有量が少ない「軟ケラチン」があり、構成されているアミノ酸の割合によって二つに分かれます。

含まれているアミノ酸は、実に18種類にも及ぶものから構成されていて、その中で一番多く含まれているアミノ酸がL-シスチンです。

アミノ酸が不足した場合、切れ毛や抜け毛が発生しやすくなります。L-シスチンを含むアミノ酸は、育毛効果にも重要な役割を持っているのです。

L-シスチンの効能 3.肝機能の向上

L-シスチンは、アミノ酸の一種メチオニンからも合成され効果を発揮しますが、メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸なので、食事や補助食品などから摂取しなければならない成分です。

メチオニンは、体内でアレルギーを引き起こすヒスタミンの血中濃度も低下させてくれる効果や、血中のコレルテロールの増加を抑えてくれる効果もあるので肝機能の衰えを防いでくれます。

L-シスチンと食べ物

バランスの良い食事の中に、欠かせない栄養素がたんぱく質というのは、ほとんどの方がご存知かと思います。

しかし、このたんぱく質もL-シスチンを含むアミノ酸からできています。いろいろな役割を持つL-シスチンはどんな食べ物から摂取できるのでしょうか?

食品でいうと、特に鶏肉などの肉類や、大豆などに多く含まれています。もちろん、L-シスチンはアミノ酸の一種なのでアミノ酸がしっかり構成されなければ効果を発揮できません。

L-シスチンはいろいろな成分と関わりを持って更に効果を高めます。例えば、L-シスチンが含まれた鶏肉料理やお豆腐サラダなどと一緒にお茶でテアニンを一緒に、摂取することで風邪やインフルエンザ予防などにも繋がります。

尚、L-シスチンには、飲酒をした際にも効果を発揮します。二日酔いの原因ともいわれる、アセトアルデヒドという成分を分解することもわかっています。L―シスチンは、見えないところの体内でいろいろな効果を発揮してくれていますね。

安心して簡単に摂取できるエルシーノのサプリメント

L-シスチンの効果を発揮するには、バランスの良い食事が一番ですが、なかなか毎日は難しいですよね。そんな時はそれを補うサプリメントで摂取できます。濃密な美白化粧品エルシーノの美白サプリをご存知でしょうか?

L-シスチンはもちろん、ビタミンCやKなどのミネラルやエラグ酸を含むザクロエキス、皮膚の代謝の活性化を促してくれ加齢によるコラーゲンの減少を抑える働きを持つハス胚芽エキスも配合。お肌を守り活性化していくために。是非、エルシーノの美白サプリメントの効果をお試しください。

美白新理論に基づいた化粧品エルシーノ
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事