このエントリーをはてなブックマークに追加

アルブチンとハイドロキノンの違いとそれぞれの効果

アルブチンとハイドロキノンの違いとそれぞれの効果

シミ、ソバカスに効く美白成分にアルブチンとハイドロキノンがあります。最近では、どちらの成分も化粧品に配合されているものが販売されているため名前は知っているという方も多いかと思います。

では、アルブチンとハイドロキノンにはどんな働きがあり、美白に繋がっているのか、ご紹介していきます。

アルブチンとハイドロキノン

アルブチンとハイドロキノンは、どちらも美白効果のある成分です。簡単に言えば、アルブチンは、これからのシミやソバカスなどの予防。

ハイドロキノンは、過去にできているシミやソバカス、色素沈着を薄くする働きがあります。この2つの成分について詳しくみていきましょう。

アルブチンの効果

アルブチンとは、ハイドロキノンとブドウ糖が結合したもので、シミやソバカスなどのもととなるメラニン色素が、活性化する時の酵素チロナーゼを抑制する働きがあります。

これからできようとするシミや色素沈着を防ごうとしてくれるのがアルブチンです。そんなアルブチンには、αアルブチンとβアルブチンがあります。

αアルブチンは、サンタベリーやコケモモ、梨に含まれており、βアルブチンは、ウワウルシに含まれています。αアルブチンはβアルブチンに比べ10倍以上の美白効果が期待できると言われています。

アルブチンには天然のものと合成のものがあり、合成のものは美白効果が高いですが、体質によっては副作用も出る可能性がありますので、必ず確認してから使用した方がよいでしょう。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、もともとは写真の現像などの還元剤、染料やゴムの酸化防止剤として昔から世界で使用されて成分で、写真の現像をしている人の手が白くなっていたことから美白効果があると発見されました。

これからできるシミ対策にアルブチンが有効なのに加え、ハイドロキノンは、メラノサイトに直接働きかけ、メラニン色素の生成を抑制してくれる働きがあります。凄いことに、既にできてしまったシミや色素沈着に着目し、美白に導いてくれるのです。

ハイドロキノンは、肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着(レーザー治療など)、老人性色素斑のようなメラニン色素が異常増殖・色素沈着しているシミには有効とされていますが、すべてのシミや色素沈着に効くわけではありません。

アルブチンとハイドロキノンの使い方の違い

アルブチンはハイドロキノンの強い効果にブドウ糖を加え分子を安定化させているため、安全性が高く、肌全体に使っても問題はありません。安全性が高いため、誰でも使いやすく、妊婦さんも使用可能なのがポイントです。

ただし、即効性はなく、ゆっくりと長い経過を得て効果をもたらす成分なので継続して使うことがポイントです。

ハイドロキノンは、成分による効果が高いため、シミなどの色素部分にのみ塗って使います。ハイドロキノン使用時には必ず紫外線対策は欠かせません。

ハイドロキノンを塗った後は、必ずSPF20以上の日焼け止めを塗りましょう。ハイドロキノンは、アルブチンに比べ即効性があり、すぐに効果を実感できるのが特徴です。

ハイドロキノンは熱や光に弱く、酸素と結合しやすいため、開封後はしっかりと密封して冷蔵庫などでの保管がおすすめです。アルブチンとハイドロキノンは、体質によってどちらにも副作用が出る場合がありますが、まずはパッチテストを行ってから使用を開始しましょう。

気になっていたシミに!ハイドロキノン

上手に付き合えばワンランク明るい肌を取り戻してくれる肌の救世主です。今回エルシーノでは、業界最高レベルの濃度5%配合のピンポイントクリームをご用意。分子レベルも安定し、劣化しにくくなりました。

角質層まで効率よく浸透するエルシーノ専用ピンポイントクリーム。是非、お試し実感してください。隠すよりも、きれいなシミのないお肌に戻して、明るいお肌を目指しましょう。

ハイドロキノンクリーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事